人気の治療

レントゲンフィルム3

歯の手入れは大切です。
現在、成人の約8割近くが歯周病や歯肉炎を患っていることをご存知でしょうか。
また40歳以上で歯を失う主な原因としては虫歯ではなくて歯周病にあります。
気づいた時には病気が進行していて、治療するには根気と時間がいるのが歯周病の厄介なところでもあります。
そのため、歯科医院で行うプロのケアと自身で行うセルフのケアと定期的な歯科検診をすることで歯を少しでも長持ちさせることが大切になってきます。
いくら、毎日歯磨きをしっかりして自分で手入れを行っていても、残念ながら取り残しやうまく届かないところは出てきてしまいます。
そのため、3か月や6か月など定期的に歯科に行って手入れをしてもらったり、歯磨きの指導を受けてもらった利したほうが良いでしょう。

年齢を重ねても元気でいるためには歯を大切にする必要があります。
現在では8020運動というものが言われています。
これは80歳以上になっても20本は歯を残しましょうという運動です。
20本以上の歩があればほぼ満足のいく食生活が送れるといわれています。
いつまでも食べ物がおいしく食べられることは健康を保つ上ではとても重要です。
現在は高齢化社会がすすんでいるため寿命が延びています。
そのため健康でいる時間も長くさせる必要があるのです。
このように8020運動が言われてから歯の手入れに関しては非常に重要視されるようになってきていると思われます。
現在では歯科衛生士が老人施設などに訪問して歯のケアを行う取り組みも増えてきているようです。